中国茶と中国語を留学生と楽しむ会(2016.9.10)

◆イベント概要

【実施日時】2016年9月10日(土)10時~11時30分

【実施場所】KANAFAN STATION(神奈川県民センター2階)

【参加内訳】援護会講師・1名・留学生3・一般参加13名・援護会受講生2名

【イベント内容】

前半は、安徽省出身の講師から中国語の基礎知識や発音について、また故郷の黄山や安徽省の有名なお茶の話などをしていただきました。

後半は、3名の留学生も加わり、4グループに分かれての交流会となりました。講師の話に因んだ「黄山毛峰茶」をその場で淹れて、参加者の方々に味わっていただきました。どのグループも、中国茶と茶菓子を楽しみながらの、自由な会話が弾んでいました。

◆ご参加いただいた方の感想(イベントアンケートより)

☆黄山のこと勉強になりました。留学生の方や受講生の方たちとお話できたのがとても良かったです。

☆中国語が話せて楽しかった。

☆初めて参加しましたが、温かい空気で楽しむことができました。ごちそうさまでした。

☆非常に話がはずんで楽しかった。

☆中国の方と会話することができ、とてもいい経験になりました。中国語はまだ全くできませんが、今日の経験から、中国語の勉強を頑張りたいと思いました。

☆黄山の話、楽しかったです。行ってみたくなりました。留学生との会話も初めてでしたが、とても楽しく、かつ勉強になりました。中国語の勉強をもっとこれからしようという気持ちをさらに強く持ちました。

☆お茶のことを普段意識することがなかったので勉強になった。楽しかった。

☆長い間、中国に接していなかったので、本当に思い出して楽しかったです。活動が多岐にわたっている事がわかりました。今後、考慮してみようかと思います。おいしいお茶をありがとうございました。  

☆初めて参加であり興味深いイベントでした。援護会の内容の一端と雰囲気を理解し、一度、現地見学に行きたいと思っています。本日はありがとうございました。      

☆とても楽しい時間を過ごすことができました。勉強にもなりました。ありがとうございます。

☆とても楽しかったです。講師の発音がきれいで、教えてもらって良かったです。お茶とお菓子もありがとうございました。


参加者は、中国語がまったくはじめての方、1年程度学習された方、中国生活経験のある方などバラエティに富んでいらっしゃいましたが、中国語経験や年齢に関係なく楽しく学習・交流していただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

次回の開催は11月12日(土)10:00~ KANAFAN STATION(神奈川県民センター2階)を予定しています。10月中にお申し込み受付を開始いたしますので、ご興味をお持ちいただいた方は、ぜひお越しください!